4月三重県倫理法人会会長のごあいさつ

拶皆さんこんにちは、三重県倫理法人会 会長の堀哲次です。会員の皆様には、倫理法人会活動に対しご尽力を賜り、心より感謝申し上げます。


桜の時期となり、4月より学校や会社では、新年度が始まります。新たな気持ちのもと、出会いが生まれ楽しい事が訪れて来ます。倫理法人会では、2月末に年度前半が終わり、下半期がスタートしました。いま三重県は、単会会長をはじめ役職者の皆さんのお陰で経営者モーニングセミナー(以下MS)が非常に活性化され盛り上がっています。


さらにオール三重アテンド隊の取り組みも相まって、良い雰囲気づくりに繋がっていると感じます。また先月には、奈良県倫理法人会の役職者の方が三重県にお住いの未会員さんにお声掛けいただき、一緒にMSへご参加くださいました。とても素晴らしい倫友との交流も生み出されています。


東海・北陸方面の倫友の方々からは、三重県に対して激励のお言葉や「三重県のMSは素晴らしいね」と言われる事が多くなり、とても有難く感じます。これまで役職者の皆さんが積み重ねてこられた努力の賜物だと改めて感謝申し上げます。引き続き未会員さんのお誘いをして倫理法人会のことを広く知っていただきたいと思います。この活動をさらに推し進め7月31日までに年度目標の602社を達成して次年度に繋げていきたいと考えます。


さて9月から始まる新年度に向けて、この時期より運営組織の構成や新しい役職者を決める作業に入っております。ぜひ依頼があった皆さんには自己革新のひとつとして捉えて、喜んで役職を受けて頂ければと思います。すなおな心が良い結果を引き寄せ、家庭・会社・地域に必ず結びついていくと確信しております。


また皆さんとMSでお会い出来る事を楽しみに明朗・愛和・喜働の実践に取り組んで参ります。

感謝  拝