menu

倫理「17000」とは?

倫理経営のライセンス
ウェブページ

昭和55年、千葉県に日本初の倫理法人会が設立されて以来、今や、全国に510ヶ所を越える拠点を基本に、会員企業47.500社を要する組織へと成長して来ました。これは企業におけるモラル、倫理の必要性が社会の側から高まりつつある現状を表しているともいえます。

倫理経営を推進する組織として、社会に有用な団体として更なる成長を遂げるために、「倫理経営の指針と基準を明確にする」資格制度「倫理17000」がスタートしました。
認定基準は、社内のモラル・マナーの向上、品質管理、環境整備向上のレベルに止まりません。社内で働く者の企業人としての人間性の向上に重点が置かれ、行為の外面とともに、内面の心境向上に視線を向けた倫理基準です。また、企業のあり方のみならず、トップの家庭倫理実践にまでその調査基準は及んでいます。

2004年に制度が誕生して以来、現在、全国に174社の認定企業があります。(平成24年11月末現在)